「お客様第一主義」のスタイルで新しいサービス、商品を求め続ける。カシタニ株式会社
固定概念にとらわれず、お客様と共に様々なあり方を探し続ける。

ギフトひとつとってもその送り方や商品は様々、お客様に対して商品を売るのではなく、サービスを提供するという考え方で常に模索し続けています。

対談

What's カシタニ
-MINAMI

カシタニさんというと贈り物、ギフトというイメージですね。

-常務

創業は昭和20年なんですが、最初は陶器の卸売りをやっていました。そこから小売りもはじめるようになり、色々なところからお声がかかる様になってだんだん今の贈り物という形になっていったんです。

-MINAMI

実際どんな商品を扱っておられるんですか?

-常務

もともと陶器からはじめたんで食器関係はもちろん、ブライダル関係の引き出物や、地元の贈答品ということで名産物なども扱ってます。

お中元の時期だとメロンやマンゴーなどのフルーツやアイスの試食会もやってますので、食べにきてくださいね(笑)

樫谷常務


チラシ・品揃え地域No1
-MINAMI

ぜひ行かせてもらいます(笑)

すごくたくさんの商品があるんですね。商品に対する取り組みってあるんですか?

-常務

良いものを安くご提供したいという思いから、色々なギフト屋さんが集まって協同仕入れの会社を作ったんです。だから色々な商品を仕入れる事ができ、お手頃なお値段でお客様にご提供できる体制を整えています。

あとお客様にわかりやすく伝わるように、時期に合わせてカタログやチラシにも力をいれてます。

全国でも、単独の店がこれだけの品揃えと広告を作るというのは他にはないと自負しています。


カシタニ株式会社 全景
企業スタイル
企業スタイル
-MINAMI

カシタニさんを表すキーワードってあるんですか?

-常務

「お客様第一主義」ですね。 ありきたりな言葉ですが、うちでは重要なキーワードです。 いろいろな要望や品揃えなど、お客様の声をもとに改善していくって言うのがうちのスタイルのひとつなんです。

実際、お客様の要望で取り揃えてる商品も多いんですよ。

-MINAMI

へえ~どういう商品があるんですか?

-常務

例えば、木のおもちゃです。出産のお祝いのお客様がおられて、「おもちゃとかはないの?」という問い合わせがあり、今は安全面が非常に敏感なので、木のおもちゃを取り寄せました。おかげさまで結構評判いいんですよ(笑)
あと、お買い上げの商品を包装している間の待ち時間を快適に過ごしていただく為に喫茶スペースを設けてドリンクサービスを行っていますが、これもお客様のアイデアのよるものなんです。


-MINAMI

お客様にはどういう風に接してるんですか?

-常務

お客様の「こういう商品ないの?」というお問い合わせに対して、「ありません」と答えるのではなく、一緒にカタログを見たり、業者に問い合わせたりして、お客様が求められてる商品を一緒に探してます。そうしていくうちに贈り物だけではなく、気軽に買える雑貨品などの商品も増えてきましたね。

-MINAMI

さっき店内を見てたんですけど、かわいい小物とかも色々あるんですね。

-常務

固定概念にとらわれず、お客様に気軽に来ていただけるお店作りを心がけています。
ギフトひとつとっても色んな送り方があると思うんですよ。これからもお客様の声を元に色々な商品を提供していきたいと思ってます。
今までそうやって来たことで、お客様に支えられて今に至ってますので。

カシタニ店舗

北條さん

 

【カシタニのイメージを変えたい】  福崎店 北條 元大店長

2004年に4月入社しして今年で4年目になります。以前は製造メーカーの営業の仕事をしていたんですが、お客様と触れ合う仕事がしてみたいと思って入社を希望したのがきっかけです。

カシタニというと「贈り物の店」という面でかしこまったイメージがあったんですが、入社してみると全然違いましたね。社長や常務からパートさんに至るまでの風通しが非常にいいんですよ。社長自らが店舗の草むしりをしているのを見たときは本当にビックリしましたね。自分も頑張らなきゃという気持ちにさせてくれます。
以前に、こういう企画がやってみたいと要望をあげたことがあったんですが、「それなら福崎店で試験的に一度やってみようか、それでよかったら全店で実施しよう」と言ってもらえたんです。当然できることとできないことがありますが、一度やってみようといってもらえる柔軟なところがあるので、やりがいを感じています。
これからの目標は、店長として売り上げを伸ばすのはもちろんですが、もっと幅広い人に かしこまったイメージではない今のカシタニをみてもらいたいという思いが一番ですね。

 



職場の魅力

-MINAMI

どんな方が働いておられるんですか?

-常務

パートを含めると、18歳から50代までいろんな人に働いてもらってます。

お客様と年齢が近いほうがお互いに気軽に話せますし、話の中で色んなアイデアがでやすいですからね。 18歳のスタッフと50歳のスタッフがアイデア交換をしているのもよく見かけたりしますよ。
-MINAMI

お客様への接し方は各個人に任されているんですか?

-常務

もちろん最低限の礼儀は守ってもらってますが、接し方はひとそれぞれですね。

会社で決めた通りだと堅苦しくなってしまって、お客様にとってもスタッフにとっても楽しくないですからね。
あとうちの特徴として、店長はもちろん社長に対しても気軽に相談できるんですよ。

パート、社員関係なく直接相談して一緒にアイデアをまとめたりしています。
職場の魅力

お客様の声とスタッフのアイデア
-MINAMI

お客様の声以外にもスタッフの方のアイデアもあるんですか?

-常務

ありますね。商品の並べ方であったりとかこんな商品がほしいとか、様々な意見が飛び交ってますよ。
そういった意見を元に毎週月曜に店長が集まって会議をしています。もちろん全て採用というわけにはいかないですが、一人一人のアイデアというのは大事にしています。

お客様の声と、スタッフの意見によって今のカシタニがあると思っていますから。

常務より
常務より

創業者は私の祖父なんですが、私には引き継ぐ義務があり、カシタニを守っていかなければならないと思っています。

「守る」といっても現状のまま何もしないのではなく、「お客様第一主義」「気軽に来ていただけるお店作り」というテーマのもと、これからもお客様の声やスタッフのアイデアを元に色々なことにチャレンジしていきながら、新しいカシタニという店を作って行きたいと思っております。

常務取締役 樫谷 幸平

ナビモデルの感想

話の途中でチラシを見せてもらったんですが、片面全てにお客様の赤ちゃんがたくさん掲載されてたんです。これもお客様やスタッフの方の意見を元に作られたそうですよ。チラシに対してもただお店の宣伝をするのではなくチラシにもお客様に対する思いが込められているということが伝わってきました。

「お客様第一主義」この言葉が本当に実感できる会社だと思いました。


株式会社カシタニ 会社概要

 

■商号 株式会社カシタニ
■所在地

〒670-0974 兵庫県姫路市飯田3丁目102番地

TEL:079-234-1757

■ウエブサイト http://www.kashitani.com/
■事業の目的 陶器・ガラス製品・贈答用品・業務用食器・厨房機器・電化製品・漆器・繊維製品・贈答食品・家庭用品の小売
■設立年月日 昭和20年11月
■代表 代表取締役社長 樫谷輝夫
■従業員数 61名