HOME > 就職活動時のマナー

就職活動時のマナー

就職活動においては、マナーを守ることも採用に大きく影響します。
就職活動時だけでなく、社会に出てからも必要となりますので、
普段から心掛けて身に付けるようにしましょう。

言葉使い

言葉使いや態度は、相手に対する思いが出るものです。
その対応次第で相手の印象が変わりますので、好印象を目指しましょう。

言葉使いの基本

  • 「~と申します」と自分から名乗ります。
    学生の方は、学校・学部名も名乗った方が良いでしょう。
  • 自分のことは「わたくし」と言うのが基本です。
  • 相手のことは「~さん」「~様」と敬称を付けて呼びます。
  • 何かお願いをする時は、「恐れいりますが~お願いできますでしょうか」と話します。
  • 謝罪する時は、頭を下げて「申し訳ありません」と丁寧に言いましょう。
  • 最後には「ありがとうございました。失礼します。」
    とお礼の言葉を添えましょう。

敬語

  • 敬語には「丁寧語」「尊敬語」「謙譲語」があります。
  • 丁寧語
    相手に対して敬意を表す言葉のことです。
    (例)「です」「ます」
  • 尊敬語
    相手に対して敬意をはらった表現のことです。
    (例)「おっしゃる」「いらっしゃる」
  • 謙譲語
    自分や自分の動作に対してへりくだった表現のことです。
    (例)「申し上げる」「いただく」

電話

企業の担当者の方との連絡には、電話が多く使われます。
相手が仕事中であることを忘れずに、手短に話すように心掛けましょう。

電話をかける時

  • 静かなところからかける。
  • かける前に要件は整理しておきましょう。
  • 朝礼時間や昼休み、退社間際などの時間は避けましょう。
  • 先方が不在の場合は帰社予定時間などを確認し、
    改めてかけ直すことを伝えます。

電話を受ける時

  • 電話を受けたら「はい、○○です」と名乗ります。
  • 携帯電話で周囲がうるさい時などは、事情を説明して適切な場所からかけ直しましょう。

Eメール

手軽で素早く相手に要件を伝える事のできるEメール。
メールにもマナーがありますので、注意しましょう。

メールの記入

  • 本文の内容がわかるように、件名は記入しましょう。
  • まずは冒頭に、相手の社名、部署、担当の方の名前を記入し、
    続いて送信者も名乗ります。
  • HTML形式は相手によっては読めない場合があるので、
    テキスト形式で送信しましょう。
  • Eメールで返事がくるとは限らないので、
    文末には住所、電話番号なども記入しておきます。
  • 文字化けの可能性もあるので、半角カナ文字や記号、機種依存文字などは避けましょう。
  • 添付ファイルはデータが重くなったり、相手が開けないファイル形式の場合がありますので、
    必要な場合は相手に確認しましょう。

訪問

会社訪問や、面接などで企業を訪れる際はどうしても緊張してしまうものです。
注意点やマナーを身に付けて、自然体で臨みましょう。

訪問する際の注意点

  • アポイントを取る際には、自分の都合ではなく、相手の都合を優先させましょう。
  • 約束の時間には遅れないように、時間には余裕をもって行動しましょう。
  • 到着したら、受付で取次ぎをお願いし、
    要件、約束の時間、取り次いでもらう人の名前を正確に伝えます。
  • 部屋に入るときはノックしてから入り、ドアを閉めた後、挨拶をします。
    相手にすすめられてから着席します。
  • 名刺を差し出された場合は両手で受け取り、名前を確認します。
    いただいた名刺は、名刺入れの上もしくはテーブルの上に自分が読めるように置きます。
  • 面談中は、質問された相手の目を見てはっきり答えましょう。
    相手の話を聞くときも同様です。

身だしなみ

  • 身だしなみで必要なのはおしゃれなどではなく、清潔感です。
    スーツのしわや髪型など悪い印象を与えないように心掛けましょう。
  • 筆記用具や資料をもらったときに入れるバッグやケースなども用意しておきましょう。


会員登録がまだの方(無料)

マイページをつくると、使い勝手が、ますますUP!
会員登録をすると、自分専用のページができ、新着情報のメール配信やスカウト機能など、多数の転職支援サービスを受けることができます。

会員登録がお済みの方(無料)

E-mail
Pass

新着JOBクリップ

新着情報を随時メール配信
登録しておくだけで新着情報がメール配信される便利な求職支援サービス。
ぜひ、ご登録下さい。

就職活動応援コンテンツ

ナビモデルのブログ ナビモデルのブログ